金毘羅船々 香川県民謡(香川民謡)歌詞

金毘羅船々歌詞 香川県民謡(香川民謡)の代表的歌詞を集めました。


金毘羅船々
追風(おいて)に帆かけてシュラシュシュシュ
まわれば四国は 讃州那珂の郡(ごおり)
象頭山(ぞうずさん)金毘羅大権現(だいごんげん)
一度まわれば

金毘羅み山の
青葉のかげから キララララ
金の御幣(ごへい)の 光がチョイさしゃ
海山雲霧(うみやまくもきり)晴れわたる
一度まわれば

金毘羅石段
桜の真盛り(まさかり) キララララ
振袖島田が サッと上る
裾には降りくる花の雲
一度まわれば

香川県民謡(香川民謡)金毘羅船々

楽譜・カラオケ

民謡カラオケ集へ戻る

 ソーラン節  八木節  佐渡おけさ  安里屋ユンタ

ホームページトップ作詞・作曲投稿コーナー会社概要商品説明
プラムレコード
〒311−1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 6798−5
Copyright (C) 2002 T. K.