作詞 西村幸二

不知火有情

1)
八代(やつしろ)の海に明かりが浮かぶ
あれは漁り火 それとも幻か
見えるはずないあなたの影が
見えた気がして瞳(ひとみ)をこらす
好きで選んだ男(ひと)だもの
無事を信じて待ってます
ああ 不知火よ 天草よ
闇夜のともし火よ

2)
真夏の海に明かりが灯る
あれは海焼け それとも蜃気楼
届くはずないあなたの声を
聞いた気がして聞き耳たてる
好きで嫁いだ男(ひと)だもの
無事を信じて祈ります
ああ 不知火よ 天草よ
希望のともし火よ

3)
夜明けの海に船影かすむ
あれは待ち船 それとも他人船
胸に刻んだあなたのしるし
消えることなどあり得はしない
好きで交わした男(ひと)だもの
舫(もや)い誰にも任さない
ああ 不知火よ 天草よ
心に燃える火よ



ホームページトップ作詞・作曲投稿コーナー業務案内概要オリジナルCD

プラムレコード
〒311−1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 6798−5
Copyright (C) 2007 T. K.