作詞 玉木澪征

三代目花乃丞

女だてらに 一座を背負う
歳は十九の 花乃丞
恋も未練も 振り捨てて
継いだ跡目は 三代目
人情舞台の 旅一座
v 胸に 胸に命の さらし巻く

親父一人で 育てた娘
踏んだ舞台は 数知れず
指の仕草の 一つまで
教え込んだは 今日のため
背負う重さに 耐えてこそ
晴れて 晴れて舞台の 華となる

女剣劇 舞台に立てば
そこは役者の 花乃丞
刃(やいば)かざして 殺陣まわり
客のかけ声 檄が飛ぶ
人情舞台の 旅一座
只じゃ 只じゃ返さぬ 三代目



ホームページトップ作詞・作曲投稿コーナー業務案内概要オリジナルCD

プラムレコード
〒311−1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 6798−5
Copyright (C) 2007 T. K.