作詞 西村幸二

運命(さだめ)

1)
桜は散っても 枯れないと
見上げる葉桜 車椅子
わずかな時間の 気晴らしも
おまえが見つめて いるものは
死というものの 暗い影
代わってやれる ものならば
何を厭おう このいのち
運命(さだめ)哀しい 花曇り

2)
弱気になっては いけないと
励ます言葉も から回り
いのちの限りを 告げられた
おまえが宿して いるものは
受け入れられぬ 暗い闇
救ってやれる ものならば
何を惜しもう この身さえ
運命(さだめ)悔しい 春がすみ

3)
桜はふたたび 咲きますと
微笑むおまえは 床枕
過ぎゆく時間の 静けさに
おまえが見つめて いるものは
死というものの ありのまま
誰もが向かう ものならば
どこをさ迷う このこころ
運命(さだめ)見届け 夜半の月



ホームページトップ作詞・作曲投稿コーナー業務案内概要オリジナルCD

プラムレコード
〒311−1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 6798−5
Copyright (C) 2007 T. K.