作詞 旅人

鏡まえ

嫁ぐ日の 前の朝
大きな背を 丸めて
何事も 無いように
新聞を 読む父に

決めていた その言葉
なぜかしら 失くして
その背中 見つめつつ
胸つまる わたしです

お世話になった恩 思い出さえも
ありがとうひと言が 言い出せなくて
気づかれないうちに 部屋に戻って
紅を直す 鏡まえ

嫁ぐ日の 朝の雨
大きな背を かがめて
何事も 無いように
心配を する父に

気遣いを かけてきた
あれこれが 浮かんで
その背中 見つめつつ
胸痛む わたしです

お世話になった恩 思い出さえも
いつまでも元気でと 言い出せなくて
涙の出る前に 部屋に戻って
泣き止まない 鏡まえ



ホームページトップ作詞・作曲投稿コーナー業務案内概要オリジナルCD
プラムレコード
〒311−1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 6798−5
Copyright (C) 2007 T. K.