作詞・大久保武雄、高井良水

 
 小瀬音頭
 
 
一、ハァー おらが小瀬村
   白谷を越えりゃ
  立野の杜に
   朝日が映えて
  館の桜が パッと咲く
   館の桜が パッと咲く
 
二、ハァー おらが小瀬村
   流れも清い
  鮎の緒川に
   飛沫を浴びりゃ
  腕の投網が サッと飛ぶ
   腕の投網が サッと飛ぶ
 
三、ハァー おらが小瀬村
   昔も今も
  たぎる血汐は
   義民のこころ
  そうだその意気 小瀬男
   そうだその意気 小瀬男
  
 
四、ハァー おらが小瀬村
   黄金の稔り
  彼岸まいりか
   百観音に
  村の娘の 晴れすがた
   村の娘の 晴れすがた
 
五、ハァー おらが小瀬村
   柿栗きのこ
  のぼる煙りは
   炭やくかまど
  杣の唄声 こだまする
   杣の唄声 こだまする
 
六、ハァー おらが小瀬村
   木枯し吹けば
  いろり囲んで
   たばこの調理
  芋が煮えたぞ 夜が更ける
   芋が煮えたぞ 夜が更ける
 
 
 
ホームページトップ作詞・作曲投稿コーナー業務案内会社概要オリジナルCD
プラムレコード
〒311−1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 6798−5
Copyright (C) 2007 T. K.