作詞 岩本かおる

 
 恋ぼんぼり
 
 
 1,何も 云わずに  障子を 開けて
 
   春が 来たわと  瞳で 教え
 
   匂う 白梅  項の 白さ
 
   何時か 幸せ  置き 忘れ
 
   そんな お前に  青い 月
 
   恋の ぼんぼり  何時 までも
 
 
 2,青い 満月  浮かべる 池に
 
   春を 教える  虫追う 水輪
 
   暖簾 背負った  女の 肩に
 
   乗せた 掌  胸元 に
 
   運び 静かに  目を 閉じる
 
   恋の ぼんぼり  生命(いのち)火 よ
 
 
 3,外で 逢っても  他人で いいの
 
   忍び 逢う夜は  夫婦に なって
 
   胸で 呟く  黒髪 撫でりゃ
 
   貴方 私の  支え なの
 
   呼んじゃ いやです  女将 とは
 
   恋の ぼんぼり  揺れて いる
 
 
 
ホームページトップ作詞・作曲投稿コーナー業務案内会社概要オリジナルCD
プラムレコード
〒311−1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 6798−5
Copyright (C) 2007 T. K.